手ぬぐいノート


持ってる手ぬぐいを見せまくる
by miso_oden
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:ミュージアム( 36 )

為政以徳印

f0166881_1591354.jpg


f0166881_1593768.jpg
九州国立博物館の為政以徳印。
通販購入。かまわぬ製。
歴史の事は全くわからないけど、
朝鮮国王の「為政以徳」印は日本や中国との外交文書に捺されました。この印は対馬藩が偽造した印です。
対馬藩は江戸幕府と朝鮮国の間にたち、印や外交文書を作り替えながら日朝外交を円滑にしました

ということらしい。いいのかよ?って感じだ(゜д゜)


パッと見、この間紹介したラピュタキューブに似てると思った。面白い。
[PR]
by miso_oden | 2008-09-06 02:25 | ミュージアム

いろは文

f0166881_121471.jpg

芹沢銈介のいろは文。芹沢銈介美術館で購入。
黄緑と、この青があって、一緒に行った娘に選んでもらった。
私も青がいいと思ってたんだ(^ω^) やっぱり親子だな。

27日に静岡・清水に行ってきた。でも、手ぬぐいに会えない1日だったなぁ。

最初に芹沢銈介美術館。
f0166881_126456.jpg

芹沢銈介の藍染め作品のみの展覧会ではなく、その他の作品も展示してあった。
JAPAN BLUEか。かっこいいな。染め方によって、さわやかにも重厚にもなる。面白い染料だ。
芹沢が収集した藍染め作品が3分の1位あったかな?
私は、前回の生活デザイン展のように、全部芹沢作品が良かったな…。
新収蔵品の中に、うちわがあった。美しい、しかも使える。
生活に密着したもの、ってのがいい。手ぬぐいと同じね。
それ見たら「kata kataさん、来年うちわ作ってくれないかな?」と、ふと思った。(・∀・)ノツクッテー
最後のお楽しみの売店だけど、この手ぬぐいと紙漉村文の茶色しかなかった。
新しい物も期待してたけど、残念。

下はパンフレット。真ん中の英語のパンフレットの作品が好きー。って小さくて見えないね。
f0166881_13511038.jpg



ついでに隣にある登呂遺跡の、復元竪穴式住居と高床式倉庫。こちらは古いの。
f0166881_12593790.jpg


こちらは新築の建物。川も流れてたりするの。住みたいぐらいだ(^ω^)
平成23年完全リニューアルオープンだそうだ。工事が済んだところは見学できるよ。
f0166881_1372193.jpg


この後行った、すんぷ夢ひろばでは、お目当てのハロウィン手ぬぐいがなく、
かまわぬ本に載っていて欲しかった、清水・三保の松原のご当地手ぬぐいも
わざわざ行ったのに「何?それ。ないです~」と言われ…。
オマケに静岡パルコに行こうとしたら、周辺の駐車場が満車で車を停められず…。
手ぬぐい買っちゃダメヨってことだね…(・ω・`)カナシー
[PR]
by miso_oden | 2008-08-29 13:55 | ミュージアム

いろは文

f0166881_1923735.jpg

芹沢銈介、いろは文。芹沢銈介美術館で購入。これでラスト。
のぐちようこさんの作品を見たときも思ったけど、ひらがなっていいね。やわらかい雰囲気で女性的。
日本語は漢字・ひらがな・カタカナと文字が3種類ある。日本語って大変だよね。
全く、使いこなせてない自分。(・ω・`)ダメダナー

今日は、静岡も涼しい1日だった。秋のにおいがする。
やばい。夏の手ぬぐいがまだいっぱいあるのに。
かまわぬ、梨園染の定番物だからいいか…。
[PR]
by miso_oden | 2008-08-22 19:33 | ミュージアム

小川紙漉村文

f0166881_11305325.jpg

芹沢銈介の小川紙漉村文。芹沢銈介美術館で購入。
この色の他に青がある。本当は青がよかったけど、売り切れだった。
通販では、楽天のふろしきやで売ってるよ。
この手ぬぐいの存在は、ふろしきやで見て知ってたから
もしかしたらあるかな~?と淡い期待を抱いて美術館に行ったらあったよ。青がよかったけど(^ω^)

昨日の伊曽保文、美術館で私のがラスト1枚だったので
製造中止になってないだろうね?と思い、検索してみた。
すると、製造メーカーの美濃部株式会社の芹沢銈介カタログに伊曽保文があったよ!よかった。
カタログの1番下に、手ぬぐいが載ってる。そこにある手ぬぐいは美術館で扱ってた。
このカタログ、見てみて。芹沢銈介デザインの雰囲気がすこーし解ると思う。
意外と皆さんのお宅にもあったりして。実家に縄のれん文の座布団があったのを思い出した。
あれ、芹沢銈介だったんだ、って感じ(ノ∀`)アイター 
[PR]
by miso_oden | 2008-08-21 12:15 | ミュージアム

伊曽保文

f0166881_19182674.jpg

芹沢銈介の伊曽保文。いそっぷもん。イソップ童話の模様。
きつねとぶどうの話しくらいしか解らないな。
というか、画像拡大できなくて申し訳ない。何の絵か見えないね…。後で何とかする。
この他に、3柄ある。

静岡には芹沢銈介美術館があって、ちょっと前だけど、4月に行ってきた。
その時は「芹沢銈介の生活デザイン」という展覧会。
着物・風呂敷・お皿・うちわ・マッチなど、どれも生活に密着したものが並んでいた。
あるお店の包装紙まで、展示してあった。よく保存してたな。
デザインは沖縄の紅型みたいなカラフルな物から、藍染めのどっしり感のあるものまでさまざま。
じっくり見させて頂きたかったけど、美術館に入った途端にすごい雷雨。
しかもお客さんは私1人っきり…。音も無く移動し順路を教えてくださる、係りのおばさま…。
すごく、怖かった(((( ;゚Д゚))) ウヒョー
怖がりながらも、順路の最後にある売店で手ぬぐいを買うことは忘れなかった。さすが、自分。
展覧会自体は素晴らしかったよ。今度はいい天気の土日に行こ。
今は「藍・さわやかな和染めの世界」を今月いっぱいやってる。
映画に行ったついでに、子供連れて行こうかな。嫌がるかな。

芹沢銈介については、美術館HPを見てね。我ながら雑だな。
型絵染めの人間国宝・静岡県出身ぐらいしか解らない。(静岡県出身、これ重要^^)

写真撮ったよー!模様が見えるかな?画像クリックで拡大すると思う。
黒っぽく見えるけど、まわりは紺色。何のお話か解るかな?
f0166881_3564351.jpg

f0166881_3571763.jpg

f0166881_3574884.jpg

[PR]
by miso_oden | 2008-08-20 20:18 | ミュージアム

一閑張文字盆

f0166881_1755732.jpg

世田谷美術館の北大路魯山人、一閑張文字盆。注染。かまわぬ製。1400円。総理。
私が買った中では、これがラスト。魯山人手ぬぐいは全部で5枚。
本当は、もう1つ「天上天下唯我独尊」があるけど、文字だけだと言う事で買わなかった。
ちなみに天上天下は800円。男の人はこの字好きそうね。やんちゃな人たちも(^ω^)

ラストなので、もう一度通販方法を書くね。
入金金額は希望商品価格×枚数+送料540円(静岡まで)=合計金額
商品価格は一番初めと、各商品エントリーに書いてある。
支払い方法は、現金書留・ヤマト代金引換・銀行振込。手数料が1番安いのは、代引かな?
現金書留は、専用封筒と(50円?)、静岡まで5000円で500円程度必要。
ヤマト代引は、代引き手数料315円がいる。
銀行振込は、振込手数料420円(だったかな?)必要。私は銀行振込にした。
振込先は信金なので、口座を持ってる人は少ないと思う。
これは、手数料の話しだからね。プラス、上に書いてある合計金額が必要だよ。

送料等の問い合わせは、世田谷美術館ミュージアムショップにメールか電話してね。
ここの「企画展関連グッズ」のところに、電話番号とメアドが書いてあるよ!
f0166881_18385281.jpg

[PR]
by miso_oden | 2008-08-14 18:53 | ミュージアム

蟹絵平鉢・染付海老分皿

f0166881_2065474.jpg

世田谷美術館、北大路魯山人の蟹絵平鉢・染付海老分皿。注染。かまわぬ製。900円。
正雪紺屋の続きを書こうと思ったけど、これをご紹介。
このシリーズ、お値段が高いものがあるけど、これは安心の900円(´∀`)

大好きだった甲殻類。今でも好き。しかし、甲殻類アレルギー。
ネコちゃん大好き。本当に好き。しかし、ネコアレルギー。
大好きなのに、食べられない、触れられないこの悲しみ。(ネコちゃんは食べないよ^^)
神さま、イジワルー。エーン
[PR]
by miso_oden | 2008-08-13 20:19 | ミュージアム

日月椀

f0166881_18432687.jpg

世田谷美術館、北大路魯山人の日月椀。かまわぬ製。注染。1500円。
これ、すごくお気に入り。
収蔵品のお椀を元に、新たにデザインした物らしいが
お椀の配置バランス、地の色、すべて完璧だと思う。デザインした人えらい!(・∀・)ノエライヨー
ついでに?、魯山人もすごい。

通販方法はココを見てね。

kata kataさんのいきもの展、明日で終わりだよー。
行ってない人は急いで行ってねー!ヽ(゜∀゜)イソイデー
[PR]
by miso_oden | 2008-08-11 19:01 | ミュージアム

花鳥蒔絵螺鈿聖龕

f0166881_10403170.jpg

九州国立博物館ミュージアムショップの花鳥蒔絵螺鈿聖龕。かまわぬ製。
ちなみに、かちょう・まきえ・らでん・せいがん、と読む。
これがデザインの元になっている物
「龕」というのは、仏像などを納める厨子らしい。厨子=戸棚形の仏具。
早い話が、仏壇。キリストが書いてあるから、仏壇じゃないけど。
さらに「聖龕」で検索してみると、東京国立博物館に収蔵されているこんなのがあった。
これは、鹿や猿までいてさらに美しいなあ。目の保養になる。温故知新、だ。
この手ぬぐいも、いっぱいに、植物と鳥が緻密に描かれていて、とても美しい。

通販の方法などはココを見てね

美しいものを見るっていいね。美術館めぐりを東京あたりでしてみたい。
でも、結局手ぬぐい買い物ツアーになりそうだけど(゜∀゜)アヒャー
[PR]
by miso_oden | 2008-07-31 11:28 | ミュージアム

さざ波 ノーマルバージョン

f0166881_9285975.jpg

横須賀美術館手ぬぐいラスト、さざ波。これは限定じゃない通常買える手ぬぐい。
昼間の海をイメージしてるんだって。
横須賀美術館って、写真を見ると解るけど
海に面したところに建ってるのね。すごく素敵。
素敵viewな美術館が、手ぬぐい作ってるところがいい。
ハンカチやタオルじゃないところが、すごくいい。
[PR]
by miso_oden | 2008-07-06 10:12 | ミュージアム


カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧